にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Amazon
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
TGアフィリエイト
Affiliate





なかのひと
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 杉山/ハンチュコワ組 第1シードを下し準決勝へ、全豪オープン | main | フェデラー ロディックを下し決勝進出、全豪オープン >>
日本語の色名について思ったこと
JUGEMテーマ:日記・一般


電車で読むものがなかったので瞑想(妄想?)にふけっておりました。前に立っている女の人が赤い洋服を着ていてふと思いました。
日本語の色で単独に形容詞になるのって「赤」「青」「白」「黒」くらいでしょう?「赤い」「青い」「白い」「黒い」ね?

あと黄色と茶色は「黄色い」とか「茶色い」って使うけれど、単独ではなくて「色」って別の言葉がつきます。でも「紫色い」とか言わないので(語感が変なだけかな)黄色と茶色くらいかなと。

これは常識だったんでしょうか?気になりだしたらなんだかすごく気になってきちゃって。識者の方に教えてもらいたいです。
| 雑感 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:53 | - | - |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://array.jugem.jp/trackback/1176
トラックバック