にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Amazon
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
TGアフィリエイト
Affiliate





なかのひと
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< レミケードその後 | main | 入院生活 >>
レミケード経過その2
JUGEMテーマ:日記・一般
  レミケードですが、コメントにも質問が来ていたのでの場合を…。

もともとレミケードを使うつもりではなかったのですが(通常通りプレドニンで行く予定)内視鏡を見たら意外と潰瘍が近いことと、重度まで入っていないのですが、S字結腸まではしっかりあれていて、潰瘍もできていたこと、プレドニン耐性を示しつつあるのと、いかんせん、総使用量がもう絶大なので免疫抑制剤か、レミケードという選択肢になりました。(LCAPは今回看護資産不足などでできそうもない感じ。)
免疫抑制剤は即効性がないのでレミケードに頼ることになりました。

点滴前は血液検査は特にしませんでした。レントゲンは撮りました。

で、レミケードを点滴して5日たちましたがあまり経過はよくないです。相変わらず朝まとめて下血してます。昨日からプレドニン30mgに戻ってしまいました。29日の2回目以降に期待。
| 雑感 | 08:27 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:27 | - | - |

コメント
ありがとう.
レミケードの相手(TNFα)がどう評価されているのか興味があったんだけど,他の臨床試験の結果を読まなきゃ分からないようです.変なこと聞いて,すみませんでした.
| 松代健太郎 | 2010/09/22 12:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://array.jugem.jp/trackback/1409
トラックバック