にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Amazon
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
TGアフィリエイト
Affiliate





なかのひと
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< ベイビーステップ | main | 2011年12月06日のつぶやき >>
映画「ツレがうつになりまして」を観てきました
 
JUGEMテーマ:日記・一般
あまり映画は行かないんですが、これは見に行かないとと思って言ってきました。
堺雅人さんのファンだったりもしますが、何と言ってもうつ経験者としては観ないと。

NHKで藤原紀香・原田泰造でドラマもやりましたが、これも観ました。
このときは「てんてん」さんが藤原紀香であまりに違和感。泰造さんはあまり違和感がなかったんですけどね。話もこう、エピソードをなぞっているだけで、「こうなるんだなあ」としか思いませんでした。

さて映画ですが、元の本(ツレうつ・その後のツレうつ・イグアナの嫁)が短いエピソードを連ねているし、ドラマもああだったから映画にするとどうなるんだろうと思いながら観に行ったんです。

そうしたらすごい良いできで、エピソードを連ねているのも変わる局面でてんてんさんのイラストを入れたそのときに思っていることのまとめみたいなのがあって、次に場面転換していくし、なんといっても堺雅人さんと宮崎あおいさんの演技力に圧倒。
自分の妻の人との間に娘がいて妻の人の様子はいまいちわからなかったんですが、私は下唇が震える感じで泣くのをこらえるのが精一杯。なんか思い当たる節がいっぱいあってもうちょっとつらかったくらい。
終わってから妻の人の様子を見るとやっぱり泣くのをこらえていたみたい。いろいろ思い出すことがあったのかなあ。迷惑かけてます。

たぶん普通に映画を観る人はなんか切れ切れエピソードでいまいち…と思うのかもしれませんが(というのも近所の映画館は今日までの公開だった。収入が良くないのかな)うつ経験者でちょっと復活している人とか、ほぼ復活している人(私)にはもう琴線に触れまくり。本のユーモアもちゃんと残っているし、伝えなきゃいけないと2人が思っているだろうのことがちゃんと表現されていて本当に良い映画だったと思います。

消化しいてる本はちょっとドラマ・映画の裏話もあるのでおもしろかったですよ。

上映館も減ってきているようですが、もし機会があって周りにうつの関係者がいる方はぜひ。
 
| 雑感 | 09:31 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:31 | - | - |

コメント
こんばんは ツレうつ映画よかったみたいですね
私も堺雅人さん好きなので見たかったのですが、まだ見るのがきつそうで行けなかったです 自分が落ち着いたらレンタルしようと思います
てんてんさんは藤原さんよりも断然宮崎さんのがイメージですよね
自分の状況は今躁なのですが、やっぱり鬱のほうがきついです なんであんなに悲しいんでしょうね?なんでかな
arrayさんも体労わってくださいね では
| bobby | 2011/11/04 11:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://array.jugem.jp/trackback/1436
トラックバック