にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Amazon
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
TGアフィリエイト
Affiliate





なかのひと
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 愛より速く (新潮文庫) | main | 夢をかなえるゾウ >>
イン・ザ・プール (文春文庫)
評価:
奥田 英朗
文藝春秋
¥ 500
(2006-03-10)
読む本がなかったのでちょっと寄って買ってみた。これ、阿部寛さんと釈由美子さんでドラマやってましたよね。
こういう精神科医に巡り会いたいもんだと思ってしまいますね。話は昔からある感じ(刑事コロンボとか)で見た目は愚鈍そうなんだけれど実際はちゃんと解決していくというパターン。解決の仕方が体を張っているというかなんというか、自己犠牲なのか、自分からそういう風にできるのか。

人を助ける仕事だと自分を下に見せる時を持つというのは大事なんじゃないかなと、ふと思う。でも下過ぎると信頼できなくなるが。

精神科は本当に難しくて気が合う先生がいても途中で嫌になってしまうときもあるし、もっと話を聞いて欲しいと思うこともあるし、でも信頼していかないと…。こういう義務感ができてくる先生は変えた方がいいんだろうな。

今は3人の医師とつきあいがあるんですが、どの先生も大丈夫。長い病気ばかりなので波はあるんですがね。
| | 11:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 11:54 | - | - |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
イン・ザ・プール (文春文庫) 奥田 英朗
「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に...
| 本を読もう?U | 2007/10/06 8:48 AM |